Excelを使った報告書で、「数字の大きさの違い」を分かりやすく表現するには

進捗報告書をExcelで作成している皆さんへ。

下図のように数字の羅列で満足していませんか?

これだと、「数字の大きさの違い」「どの部分が進んでいて、どの部分が遅延しているのか」が一目で分かりにくいですよね。

では、こちらはいかがでしょう?

先ほどの例よりも「数字の大きさの違い」がずっと分かりやすいのではないでしょうか。

簡易棒グラフは、Excelの「REPT」関数を使って実現しています。進捗率にあわせて、「|」を繰り返し表示しているだけです。

[bash]
=REPT("「グラフに使う文字」", 「進捗率」*「列幅に合わせた係数」)
[/bash]

例では、下記のように指定しています。

[bash]
=REPT("|", E11*20)
[/bash]

「*」など他の記号でもよいと思います。

たったこれだけでグっと見やすくなり、オススメです。行数が多くて、数字の羅列では分かりにくくなってしまう場合にはぜひ導入してみてください。

進捗報告だけでなく、SQLの実行時間を一覧にして提示したこともあります。
数字上では「1秒」と「10秒」の違いは分かりにくく、それゆえ、あまり問題にならないのですが、簡易棒グラフにしたところ、全く反応が異なりました。
「これはヤバいね!」と(笑)

弊社でもいくつかのプロジェクトで活用していますが、必ず「分かりやすいね!」というお声を頂いております ^^

閲覧者の皆さんの時間を節約できる、かなり有用な小技です。

参考書籍

[Mac] 仕事中のYouTube閲覧をやめるには

 私はかなりの怠け者でして…、作業に集中しなくてはいけない状況なのについYouTubeを見てしまうのです。目的はないけれどとりあえずテレビを付けてしまう。そんな行動に似ています。当然、作業効率は落ちます。

 「この時間はYouTubeも見ないし、席も立たない!」と決めても無意味でした。

 だって、YouTubeは魅力的ですし、罰則はないのですから。それに、1人で作業しているため、注意してくれる人もいません。

 そこで、YouTubeを見られないよう設定することにしました。

 以前よりはだいぶマシになりましたね。^^ YouTubeにアクセスするとエラー画面が必ず表示されるのですから、そのたびに「ああ、しまった…!」と思えるわけです。

 設定方法は簡単です。その方法をご紹介します。

 ITに関わる方ならすぐ思いつく方法ではありますが、hostsを編集する方法です。

[bash]
$ sudo vi /private/etc/hosts
[/bash]

 以下の行を追記し、保存します。

[bash]
0.0.0.0 www.youtube.com
[/bash]

 これで、YouTubeにはアクセスできなくなります。

 ターミナルやコマンドを使うのがイヤだという方は、「Hoster」というフリーウェアもありますよ。

Hoster
http://www.redwinder.com/macapp/hoster/

 こちらの記事も参考になります。

Macでhostsの切り替えをしたいなら『Hoster』が便利だ!
http://www.ideaxidea.com/archives/2010/05/hoster.html

 「根性のないヤツだな〜」と思われるかもしれませんが (もちろん否定はしませんw) 、「YouTubeを閲覧できない状態にする」のが目的なのですから、手段は関係ないはず。

 また、何でも「根性論」で乗り切ろうとすると、いつかバテます。うまく続けるよう工夫しましょう!

[Mac] Macで「date -d ‘1 month ago’」

 Macのbashで

[bash]
$ date -d ‘1 month ago’ +’%Y-%m-%d’
[/bash]

 と実行しても、正しい結果は得られません。下記のような結果が返ってくるだけです。

[bash]
usage: date [-jnu] [-d dst] [-r seconds] [-t west] [-v[+|-]val[ymwdHMS]] …
[-f fmt date | [[[mm]dd]HH]MM[[cc]yy][.ss]] [+format]
[/bash]

 正解はこちら。

[bash]
$ date -v-1m +’%Y-%m-%d’
[/bash]