早起きに失敗し続けている方のための「カンタン早起き法」

はじめに

4:30に起きて、午前中のうちに作業を終わらせ、午後は自己研鑚に充てる。夜はマッタリと。

これが私の理想的な生活です。

2年ほど前のことです。「まずは早起きからだ!」と4:30起床に挑戦しました。

目覚まし時計の音でいったんは目が覚めるのですが…、カラダが拒否反応を起こすような感覚があって、すぐに二度寝していました(笑) 何という意志の弱さでしょうか ^^; たまたまうまく起きられることもありましたが、ほとんどは眠りが浅くて目が覚めてしまっただけ。成功とは言えません。

こんな状況が2年くらい続きました。

今はというと、ほぼ4:30に起きられます。

きっかけ

4:30起床に2年間挑み続けてきて、それでも諦めなかったことをまず褒めて頂きたいところですね(笑)

それはさておき、あるときたまたま4:30に気持よく目覚めたことがありました。

そのとき、あまりに嬉しくて、「よっしゃー!! 起きたぞー!!」とガッツポーズをしたのです。布団の中で。そうしたら、ごく自然にカラダを起こすことができました。

何かに押されたのでは?と錯覚するほど。

起きられなかったときは、どうしてもカラダを起こせずにいたのです。

何かに取り憑かれているのでは?と錯覚するほど(笑)

ガッツポーズで早起き

この体験が転機でした。

ある仮説が浮かんだわけです。

「ガッツポーズをすればカンタンに早起きできる!」

それからというもの、4:30に目が覚めたら、布団の中で本気のガッツポーズを5回くらいやるようにしています。

私の場合、1回では足りないようです(笑)

ちなみに、「よっしゃー!!」と声を出すこともあります。

本気ガッツポーズを5回くらいやると、面白いことに、寝ていることが気持ち悪くなります。カラダは起きているのに寝ている(横になっている)という状態に、違和感を感じているのだと思います。

ダメ押し

起きた後に「白湯」を飲めば、完全に目が覚めますよ。これはおすすめ。

ちなみに、私の場合、白湯を飲んだ後に朝食を摂るのですが、「フルーツのヨーグルトがけ」だけです。これもおすすめ。あまりカラダに負担をかけませんから。

酵素ジュースがおすすめだという友人もいます。

とにかく朝は軽めに。排泄の時間ですから。

告白

毎日必ず4:30に起きて活動を開始できているのか、というと、そんなことはありません。

前日に不摂生をした場合は、6:30〜7:30くらいまで寝ます(笑)

ただし、この場合であっても、いったん4:30に起きるようにしています。「4:30に起きるのが当然」という状態に持って行きたいからです。

おわりに

皆さんのおすすめ早起き法がありましたら、ぜひお教えくださいね〜! ^^