みんなちがって、みんないい

色んな考えや価値観があっていいと思うんだよね。

そして、その色んな考えや価値観が共存していていいと思うんだよね。

(社会正義に反しないならね)

ついつい、「その考えは間違っている」とか言ってしまうけど。

AかBかじゃなくて、AもBも。

もしも、Aという考えのみが正しいとするなら、

常に一つの考えのみが存在を許されるのなら、

考えの集合体である「人間」をも否定することになるよね。

「その人間は間違っている」ってね。

全人格を否定しなくても、人格の一部を否定している。

このことが何となく分かっているからこそ、

考えを否定されることを嫌悪するんだよ。

僕が言いたいのは、

相手の考えや価値観の「存在」を認めようということ。

あなたの考えを変える必要は無い。ただ存在を認めるだけ。

それと、

まずは自分の考えや価値観を大事にして欲しい。

その上で相手のことを考えよう。