質問力は大事だけれど

さて、またまた色々と学ばせて頂いた。

コミュニケーションの話。

質問力は大事だけれど、質問力「だけ」を意識するのはちょっと違う。

「うまく質問しよう」という考えが強すぎると、詰問に近くなり、相手は責められている感じがする。

それと、相手は「答えに誘導されている感じ」がする。自分は答えを知っていて、相手は知らないのだと暗に思っていることが伝わってしまう。実は相手に興味が無いのだってこともね。

そして、人間関係を壊す。

そうではなくて、「喋ってもらう」ための質問。答えは相手の中に既にある。相手は自分で解決できるスゴい人。
だから、「ただ聴いてあげる」「気になる点をちょいと質問する」くらい。喋っていると、色々な気付きがあり、自ら解決することも多いからね。

ただ聴くだけ。これを先に実践した方がいい。
相手の話を遮ることなく、アドバイスをせず、表情を曇らせることなく、ただ聴くだけ。

どうしてもアドバイスしたいのなら、「私の意見なんだけど」「私の経験をシェアしてもいいですか?」などと「最後に」言えばいい。

その際も、自分の主張が通るなんて期待しない方がいい。「単に情報提供するだけ。あとは相手が自由に選ぶ」と思った方がうまくいく。

最後に。
質問力を磨くのもぜひ続けよう。