リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2014

「リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2014」に参加してきました!

9月27日(土)〜9月28日(日)に上野公園で開催された「リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2014」に参加してきました!

リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2014

リレー・フォー・ライフについて、軽く紹介しておきますね。

リレー・フォー・ライフは、がん征圧を目指し、がん患者や家族、支援者らが夜通し交代で歩き、勇気と希望を分かち合うチャリティーイベントです。

1985年、アメリカ人外科医が「がんは24時間眠らない」「がん患者は24時間闘っている」というメッセージを掲げて、がん患者の勇気をたたえ、支援するために走りました。

いまや、世界20カ国で開催され、毎年世界中で400万人を超える人たちが参加しています。

日本では、日本対がん協会と各地のボランティアでつくる実行委員会が、全国40カ所以上で開催しています。

シンボルカラーの紫は「希望の色」と呼ばれ、太陽・月・星をかたどったロゴは、24時間がんと闘うことを象徴します。

http://relayforlife.jp/tokyo-ueno/ より

今回は大恩人にお誘い頂き、実行委委員会(ボランティア)として参加。
ええ、断れません(笑)

リレー・フォー・ライフの存在は昨年から知っていたものの、参加したことはありませんでした。
そんな中、いきなり実行委員としての参加。
むちゃぶりですよね(笑)

そんなよく分からない中で、周りの方々に助けて頂きながら、何とか終えることができました。

チーム参加頂いた皆様、ご来場頂いた皆様、スタッフの皆様、本当にありがとうございました!
ぜひまた来年も楽しみましょうね!

こんなに多くの方が関わる大イベント。
正直、時間的にも体力的にも本当にしんどくて、「来年は絶対にやらない!」と思っていたのですが(笑)、「来年はこうしたい」と考えている自分がいます。

色々と改善点も見えてきましたので、来年はもっと貢献しますね。
早速、作成した資料を見直しています(笑)
「鉄は熱いうちに打て」ってね。

さて、リレー・フォー・ライフ・ジャパン東京上野2014に実行委員として参加して得たものの中で最も大きいのは、

「コントロールできないこと、自分の望みとは異なる状態を楽しめたら、常に楽しくなる。感情に振り回されなくなる」

「見えるところ、見えないところで、本当に多くの方に助けて頂いている」

という気付きです。

もちろん、知識としては知っていました。
でも、皮膚感覚として分かったのが大きいのです。

「がん征圧に関心がある」「ボランティアをやってみたい」という方はもちろん、
普段は1人で仕事をしている方や、
「ボランティアなんてめんどくさそう(ボランティアの面白さを知らない)」という方は
ぜひ来年一緒に楽しみましょう!

(誰でもいいという訳ではありません。念のため)

僕と同じセクションを一緒に担当してくれる仲間を1名募集中です ^^