ホワイトボードを使ってプレゼンするホワイト企業の社員

大量行動できる! ポモドーロ・テクニックのすすめ

最近好んで使っている「ポモドーロ・テクニック」という仕事術をご紹介します。

なかなか手を付けられないタスクがある方におすすめの仕事術です。

「ああ、もっと早くポモドーロ・テクニックに出会いたかったなあ」というのが心の叫びです(笑)

ホワイトボードを使ってプレゼンするホワイト企業の社員

ポモドーロ・テクニックとは?

まずは、ポモドーロ・テクニックについて軽くご紹介しておきますね。

「ポモドーロテクニック」をご存じだろうか。これはFrancesco Cirillo氏が自身の勉強効率を上げるために考案した時間管理術で、25分を1つの単位として、集中してタスクを処理する方法だ。ちなみに、ポモドーロとはイタリア語でトマトの意味。

(省略)

ポモドーロテクニックでは、25分間を1ポモドーロとし、4ポモドーロ終了後に長めの休憩をとる。具体的な手順は次のとおり。

1. まず、やるべきタスクをリストから選ぶ(所要時間の長いタスクは複数のポモドーロに分割しておく)
2. キッチンタイマーを25分にセットする
3. タイマーが鳴るまでわき目もふらず、タスクに集中する
4. タイマーが鳴ったら、1タスクにチェックを入れ、5分休憩
5. 4ポモドーロが終了したら、長い休憩をとる

あなたが集中できるのは何分? イタリア式時間管理術「ポモドーロテクニック」
http://bizmakoto.jp/bizid/articles/1003/23/news043.html

アプリは何を使えばよい?

僕が使っているアプリは、「Focus booster」(無料版)です。
他のアプリもいくつか試しましたが、無料版ではこちらが一番なじみました。
超シンプルでおすすめです!

「Focus booster」
https://www.focusboosterapp.com/

Focus booster には、次の3つの形態があります。僕が使っているのは、デスクトップタイマー(無料)。

  1. デスクトップタイマー(無料)
  2. オンラインタイマー(無料)
  3. デスクトップタイマー+オンラインタイマー+時間計測機能(有料)

こちらがメインの画面。

FocusBooster_1

時間を表示するシンプルな画面だけを表示することもできます。作業中はこちらがおすすめ。

FocusBooster_2

こちらが設定画面。シンプル! チクタク音を鳴らすのか、1ポモドーロを何分にするのか、などを設定できます。

FocusBooster_3

ポモドーロ・テクニックで得られるもの

さて、ポモドーロ・テクニックでタスクを消化していくと、どんなメリットがあるのでしょうか?

僕が感じているメリットは次の4つです。

  1. 長時間かかるタスク、難易度の高いタスクに対する心理的ハードルが下がる。
  2. 時間を管理しやすくなる。
  3. ストレスが減る。
  4. 大量行動できるようになる。

長時間かかるタスク、難易度の高いタスクに対する心理的ハードルが下がる

長時間かかるタスクや、難易度の高いタスクに取りかかるとき、
「一体何時間かかるんだろう…?」
と暗い気分になりませんか?

ポモドーロ・テクニックを使えば、「全てのタスクが25分刻みという意味で平等」になります。

言い方を変えれば、「どんなタスクであろうと、25分だけ頑張ればよい」ということになります。

これは本当に心理的ハードルが下がりますよ!

「モチベーションが上がったらやろう」「時間を取れたらやろう」と先延ばしにしていたタスクにさっさと着手できるようになります。

多分…(笑)

時間を管理しやすくなる

25分の作業+5分の休憩=30分で考えることで、時間を管理しやすくなります。

ポモドーロ・テクニックを始めたころは、作業時間の見積もりが難しいかもしれませんが、次第に慣れていき、精度が上がっていくでしょう。

すると、さらに時間を管理しやすくなります。

「このくらいのタスクなら、3ポモドーロだな」と。

ストレスが減る

上記で述べた通り、心理的ハードルが下がり、時間を管理しやすくなることで、見通しが立ちやすくなります。

そして、「時間をコントロールしている感覚」が生まれます。

これが実に大きい。

先が分からないのはストレスですものね。

大量行動できるようになる

「このタスクに取りかかろうかな、どうしようかな」「今日は気が乗らない」なんて思っていたのが(笑)

「25分”だけ”頑張ればいいんでしょ?」

と思えるようになり、

すぐに行動を開始できるようになります。

結果として、大量行動できるようになります!

最後に

ついタスクを先延ばしにしがちな方や、たくさんのプロジェクトに携わっている方には、ポモドーロ・テクニックを強くおすすめします。

おっと。

やらなくてもよいタスクはどんどん切り捨てましょうね ^^