傾聴、あるいは喋ってもらうための聴き方のトレーニング方法

傾聴、あるいは喋ってもらうための聴き方について、
何となくトレーニング方法が見つかった!

…ような気がする(笑)

相づちや、うなずき、視線を合わせること、笑顔も重要だけれど、
自分の中にある(自分の中にしかない)正しさを
相手に押し付けないこと。
相手の正しさを知ろうとすること。
答えを持って聴かないこと。
正解を探さないこと。
否定しないこと。
裁かないこと。
受容。

これが本当に重要。

「聴いてもらっているはずなのに、何か苦しい。責められている感じがする」

これは、
表面的な傾聴しかできていないため。

ゲームにするなら、
こんな感じかなあ。

自分の正しさを相手に押し付ける人が無意識に使ってしまう特徴的な言葉や行動を
使わずに、
討議してもらう。

特徴的な言葉を使うとポイントが減って、
減りすぎるとゲームオーバーになる。

ゲームにするのは、
楽しみながら、
自分で気付いてもらうため。

直接指摘しても、
伝わらないので
ほとんど効果が無い。