考える時間は少しでもいいから確保しないといけない

考える余裕がないという状態。

時間的余裕というよりも精神的余裕。

これが「忙しい」ということ。

文字通り、心を亡くす。

時間があったら考える、のではなく、

考える時間は少しでもいいから確保しないといけない。

毎日1時間あったらいいね。

僕はこの考える時間をおろそかにしてた時期があったのだけれど、

本当に未来に対しては不安だらけだった…。

毎日1時間(以上)考える時間を確保する。

これ最強の習慣。

確実に前進しているという実感

一歩確実に前進しているという実感。

一歩でなくても、

十分の一歩でも。

とにかく、

確実に前進しているという手応え。

これがあると強い。

だから、

忙しくてもスキマ時間にできるくらいの

「15分作業」を

コツコツやる。

もっとやってもいいけど、

他の重要なことを後回しにしそうで…苦笑

自分の選択が最善だと信じている

私たちが何らかの行動を選択する瞬間、それ以外の行動はあまり効果がないと思っている。

私たちが選択したときには、自分の選択が最善だと信じている。

他人がそれをすべきではないと言い、それでも実行するときには、少し効果のほどを疑うが、その選択をやめるほど強くははたらかない。

(ウィリアム・グラッサー『15人が選んだ幸せの道―選択理論と現実療法の実際』)

http://meigen.appassionato.co.jp/2014/08/2778.html

そう。

みんな「自分の選択が最善」だと信じている ^^

評価なんてされたくないし、

求められてもいないアドバイスもいらないと思っている。

安心・安全な空間作りを〜リアリティセラピーを学び始めて〜

リアリティセラピーを学び始めて
とても新鮮だったのが、

「では、○○についてお話をする、ということでよろしいですか?」

というような
「契約」「合意」
を頻繁に行うこと。

(カウンセラーがクライアントに対して言う)

クライアントがはじめに言っていた悩みと違ってきても、
無理矢理話を戻すでもなく、
指摘するでもなく、
改めて契約を取る。

この関わり方、ステキだなあ!と感心したものだ ( ^ω^ )

実際に言ってもらうと分かるのだけれど、
「受け入れてもらっている感」
があり、とても安心する。

そして、その後のカウンセリングはとてもスムーズに進む。
何を言っても大丈夫なのだという安心・安全な空間が出来上がっているから。

逆に、「さきほどは△△だとおっしゃっていましたよね?」などと指摘されたら、
その時点で信頼関係は崩壊する。

答えはどちらが持っているのか?
主役はどちらなのか?
カウンセラーの考えの押し付けはいらない \(^o^)/

そうそう。
リアリティセラピーを学び始めの頃は、クライアントに気付きを与えたり行動を促したりする質問力こそが大事だと思っていたのだけれど、
今は、安心・安全な空間作りこそが大事だと考えている。

(質問力も大事。念のため)

クライアントが安心して話せるようにね。

何を毎日少しずつ積み重ねていけば、5〜7年後に実るか

我々は辛抱強い。

待つのは平気です。

2~3年で上手くいく必要はありません。

状況によっても変わりますが、一般的に私たちのタイムラインは、5年から7年です。

(ジェフ・ベゾス)

http://meigen.appassionato.co.jp/2014/08/1796.html

この感覚なんだよね。

(短期も中長期も両方必要。念のため)

個人の場合なら、

「1日30分だけ(それ以上やらないと決めるくらいがいい)、

何を毎日少しずつ積み重ねていけば、

5〜7年後に実るか?」を考える。

学び続けると

学び続けると、

悩みがなくなったり、

メンタルブロック(制限的パラダイム)がなくなったり、

なーんて思っていましたが

とんでもない。

悩みの質が変わるだけでまだあるし、

メンタルブロックもまだまだある。

ただ、

漠然とした不安や不満だったのが、

「ああ、また出たか(笑)」くらいに

思えるようになったのは大きいかな。

何を1日30分続けたら、求めるものを手に入れるのに効果がありそうか?

Googleウェブマスターツール1日30件ずつ
名言・格言や書籍の抜粋を投稿し続けて
合計1,100件を超えたぜー。

(名言はこちらから → http://meigen.appassionato.co.jp/

画像は、直近1ヶ月の記事数の増加を示したグラフ。
順調に増えている。

とりあえず1,000件やってみて考えようと思ったのだけれど、
止めるのがもったいないし、
まだ大した効果も無いので(泣)
このままペースを落とさずに続けます!

目指せ1万件!

30分〜1時間で終わるしね。
新しく始める場合、まず時間を確保するのが大変だものね。
この程度の時間なら、どうにでもなる。これが大きい。
たとえ効果がでなくても、あんまり痛くない。心理的に。これも大きい。

読んだ本の抜粋は3年前からコツコツとEvernoteにまとめていたので
それをコピペするだけ。
何に使うつもりだったのか分からないけど、
やるなあオレ(笑)
こういうところはマメ。

狙いはアクセス集めの実験だったのだけれど、
まとめている中でとっても学びがあるので一石二鳥 ^^
「オレやってない…」という自己評価が起きまくりでございます。

さて、
何を1日30分続けたら、求めるものを手に入れるのに効果がありそうですか? (・∀・)

コミュニケーションは、心と言葉のキャッチボール

「コミュニケーションは、心と言葉のキャッチボール」

そーなんだよね。

表面上はキャッチボールできていても、

何だかしこりが残るのだとしたら、

「言葉」だけのキャッチボール。

「心」のキャッチボールが抜けている。

「分かってもらえていない」「受け取ってもらえていない」という感覚になる。

通常の会話にかぎらず、

褒め言葉を受け取らずに(過剰に)謙遜してしまうのもこれになるかな。

相手には「受け取ってもらえなかった」「拒絶された」という印象が残ってしまうんだよね。

…僕もついやってしまう ^^;

「新しい仕事を始めるときに、今やっている仕事を捨てた方がいいのか?」

「新しい仕事を始めるときに、今やっている仕事を捨てた方がいいのか?」

という相談を受けた。

時間が足りないということを気にされていた。

僕の答えは、こんな感じ。

・両方やったら? そうしたいんでしょ?(もちろん、決め付けではなく、相手の反応を見てそう感じた)

・僕も経験したけれど、そんな安易に捨ててしまうような考えの持ち主だと成果が上がらない。無意識のうちに、人間関係も安易に捨てるんでしょ?と思われる。

・ただし、不純物ならさっさと捨てよう。

・両方やろう。ただし、すぐに成果が上がることは求めない。

・1日30分でできることを “毎日” 続けたら? それなら負担は少ないでしょ?

・何を毎日続けたら求めるものが手に入りそう?

・イベントを開催したら、その写真をFacebookにもブログにも載せるなど、「使いまわす」のはどう? 今やっていることの中で工夫しよう。

いやまあ、自分もまだまだなんだけどね。

喋っていて自己評価起きまくりだった…。

のびしろがあるってことで。